2018年04月23日

ぷるぷる健康法

張永祥著 『ぷるぷる健康法』を読み返しています。

最近は脳科学や、気功の本を読むことが多いのですが、目に見えないものを感じるには「思い込む」という行動が大事みたいですね。 

それって本当?と思うことでも、「思い込む」ことで本当にしてしまうんですね。

これって病気などのマイナス方向でも働くことですから、とても重要なことですよね。

毎日ポジティブに物事をとらえることが、健康の秘訣です。

この本を読むたび、来院された方がポジティブな気持ちになれるように接していこうと思いますね。
posted by toshiaki naka at 11:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: